10月31日

 

 

 

ふぅ。

 

 

1日がやっと終わりそうです。

大切な、大切な、10月31日が。

 

 

日付が変わった瞬間から1日中ずっと、

タイムラインにみんなの素敵な画像と動画が流れて、

わたしのすきな人は、こんなにたくさんの人から愛されてるんだなって思いました。

 

 

みゅうとくんってね、すてきなひとなんだよ。

 

ダンスもベースも、どれだけ褒められてももっともっとって突き詰めるところ。

自分の武器と役割をちゃんとわかっていて、そこでこれでもかって力を出せるところ。

筋が通ってて、自分がやりたいことをやってのけちゃうところ。

ありがとう、楽しませてもらいましたって、いつもわたしたちにありがとうを伝えてくれるところ。

お客さんに対して失礼なことはNGなところ(笑)

グレ期もあったけど、どんなに大変でも笑顔でいつも通りなところ。

言葉選びがすてきなところ。

完璧アイドルなところ。

 

でもやっぱり、人間なところ。

 

 

すきなところなんか、話し出したら止まらないからね。

 

 

かっこいいんだよ。

ほんとうにね、心から尊敬するところがたくさんなんです。

 

 

 

21歳のみゅうとくんは、いろんなことがありましたね。

ほんとうのことは何もわからないし、無理に知りたいとは思わない。

わたしはみゅうとくんがわたしたちに見せてくれる全てを受け止めて、全部まとめて応援するだけ。

 

 

前回あれだけネガティブなブログ書いといて何言ってるんだろうね。

 

でもね、

みゅうとくんが笑顔でいてくれればそれでいいよ。

それがすべてだよ。

 

 

 

 

21歳のみゅうとくんも、だいすきだったなぁ。

 

22歳、どんな1年になるでしょうね。

映画もあるし、また忙しい1年になるのかな。

うれしいことですね。

 

 

 

だいすきなみゅうとくんにとって、素敵な1年になりますように。

みゅうとくんがやりたいこと、たくさんできますように。

 

 

 

お誕生日おめでとう。

22歳のみゅうとくんも、ぜったいに、だいすきである自信があります。

 

 

たくさん笑って、

たまに泣いて、

少し怒って、

やっぱり笑って、

有意義な1年にしてください。

 

 

 

 

はぁ〜〜〜〜〜〜

みゅうとくんだいすきだよ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

 

備忘録

久しぶりに文章を書くので、拙いところがたくさんあるかもしれません。

相変わらずうまい日本語は書ける気がしないのでもし読む方は薄目で見てください。

 

わたしは他の人みたいに、深く考えることも、考えを巡らせることもできないけど、この夏にみたことを、そのまま書けたらいいなとおもって筆をとりました。

 

その前に、ちょっとだけ。

 

2011年の10月7日。

覚えてる人もいると思うし、なんのこと?って思う人もいると思う。わたしは1度も忘れたことはありません。

その日の朝、ニュースで取り上げられたのは

錦戸亮山下智久のNEWS脱退」

でした。

そしてその日の夜、錦戸さんは関ジャニ∞錦戸亮としてMステのステージに立った。

オープニングで錦戸亮さんの口から、NEWSを脱退したこと、そして、「NEWSと山Pのこともよろしくお願いします」という言葉を聞いたのをはっきりと覚えています。

前の年の錦戸さんの誕生日に、6人ラストのシングルが発売されてから、ほぼ1年後のことでした。その1年は、関ジャニ∞の活動が増えて、NEWSとしての活動はあまりなかった、と思う。

だからかなぁ。意外とすんなりその現実を受け止められたのです。あ、この人は今日からもう、NEWSじゃないんだって。

 

 

まぁここまでは余談で、ここからが本題といっても過言ではないんだけど。

 

結論から言うと、わたしは森田美勇人くんが好きだ。

 

この夏、春から夏にかけて、ほんとうにたくさんのことがあった。

その間、あのときみたいになるのかな、って何回も6年前のことを思い出したりした。だからその話をしたんだけど。

 

アイランドの記者会見。のえるくんの「6人で」という発言。

バイトに入る直前に見て、頭が真っ白になった。その日のバイトはほんと手につかなかったなぁ(笑)プラスチックのコップ何回も落としたりした。ばかみたいに動揺してた。動揺して、ほんとにずっと泣きたくて、でも泣けなくて、必死で頭回して働いた。

夜中にバイトが終わってから、お友達にラインして、お話聞いてもらって、なんとか落ち着けた。のかな。でもその日はほとんど眠れなかった。

 のえるくんが無意味な発言をするなんて考えられなかったし、ジャニーズWebの記事ではのえるくんの発言は「全員で」に書き換えられていた。

 

 

それから、FINE BOYSのレギュラーモデル、映画、そしてZepp単独と、たくさんお仕事が決まった。

うれしかった。学校で泣いて喜んだ。全然ジャニーズ好きじゃない友達にも、よかったねって褒めてもらえた。

美勇人くんが載ったFBは1ヶ月くらい毎日持ち歩いて授業中にみてた。それはやめなさいとか言わないで。だって超かっこよかったんだもん。

 

 

そんなこんなしてるうちに、夏が始まった。

夏の幕開けは、らぶの単独だった。

正直、すごく圧倒された。かっこいい美勇人くんが、ぎゅって詰まってた。たまに垣間見えるかわいい美勇人くんも。

しあわせだったなぁ。あの時間。みゅうとくんと、らぶのみんなと、ひとつのライブを作り上げる感じが。「俺たちとみんなでLove-tune だから!」っていうことばがすごくうれしかった。

この人たちは、これから先もずっと、ファンと一緒に歩いていく未来が想像できてるんだろうなっておもった。俺たちについてくれば間違いないぞ、って声が、音が、らぶのみんなの姿が、覇気がそう言ってた。

とにかく楽しくて楽しくてしょうがなかった。

とくにアンコール前の夕闇トレインは、わたしがずっとらぶにやってもらいたかった曲で、JUKE BOXで1番好きな曲だった。やっと見つけてくれたとおもった。イントロでもう泣きそうで、嬉しくてしょうがなかったのに、美勇人くんが錦戸さんのパート歌うから、もうどうしていいかわかんなくなって、嬉しい以外の感情がなかった。

あれ、選曲したの誰だろう。萩谷くんかな。ちがうかな。ほんとうにありがとう。

 

 

 

1週間空いて、本格的にわたしの夏が始まった。

エイトのドームもあって、トラジャの単独もあって。忙しくしてたなぁわたし。1日の間にEXから東京ドームに移動したりして。たのしかった。

 

 

8/17夜公演。

なんだかよくわからないけど、見なきゃいけないって思った。絶対後悔する、って。

わたしの番号は後ろのほうで、わたしの身長では、ステージに立ってるみゅうとくんのお顔がギリ見えるか見えないかくらい。雰囲気だけでも、ってそんな気持ちで入った。

 

相変わらずオープニングから綺麗で、見惚れるような美しさだった。

真剣に踊る曲はすごく真剣に、誰よりも指先まで意識して踊ってて。それでいて他の6人とぴったり揃っていて。あぁ、すきだなって。このグループのセンターにいるみゅうとくんが、誇りでしかなかった。

エクスタシーは美勇人くんが優勝だから!って。そんな話しましたね。

 

運命の人のラストのソロパート、数年前では考えられないくらい声が太くなって、歌が上手くなって。この人はどこまで行ってしまうんだろう、そんなことさえ思った。それと同時に、ここまで美勇人くんが歌えるようになったのは、きっとらぶのおかげなんだろうなって、そう思った。

 

夢のハリウッド。

初日のレポで、「美勇人以外」っていう文字があって。あぁそうなのかって思った。わたし、ちゃんと見れるかなって。東京ドーム帰りでまだふわふわした頭の中そんなことを思った。

でも次の日の朝公演、6人の夢ハリをみて、すごく圧倒された。でも、美勇人くんがいたらここにいるのかな、とか。すごく考えちゃって。苦しかった。結構苦しかった(笑)

 

そしてクレアバ。

単独が始まるまで、ぶっちゃけそんなに思い入れはなかった。すきな曲ではあったけど。でもここでこの曲選んできたか、って思った。この曲中は紛れもなく、美勇人くんはLove-tuneの美勇人くんでもなく、TravisJapanの美勇人くんでもなく、森田美勇人だった。相変わらず華麗なダンスをして、すごく上手になった歌を歌って。ステージのセンターで、お客さんを独り占めして踊って歌ってるの、すっごくかっこよかった。

 

だけどね、オーラスだけは違ったの。

曲が始まったときはふつうで、サビ前のダンスもいつも通りで。でも、大サビに入った瞬間だった。周りが一斉にわぁ、って、ざわざわってしだして。一気に泣きすする声が大きくなって。なにが起こったか見えないわたしは、全然読み込めなくて。連番した子に聞いたの。そしたら、「4人がバックについた、」って教えてくれて。あたまがまっしろになった。4人が出てきた瞬間も、出てきたとき美勇人くんがふわって笑ったのも、わたしには何も見えてなくて。必死につま先を伸ばして、やっとしーくんのお顔が見えた。気付いたら曲が終わってて、わたしは膝から崩れ落ちて。周りを見たら白いペンライト持ってる人、みんな同じで。みんな泣いてた。呼吸が苦しかった。わたしはほとんど何も見えてなかったけど、その事実だけでじゅうぶんだった。 

あのサビの間、きっと4人は美勇人くんのために踊ってた。美勇人くんに向けてのdance for you だった。なにより、この曲中でも美勇人くんはTravisJapanだった。TravisJapanのセンターだった。

 

のえるくんがキーボードと一緒に出てきた記憶がなくて、でも歌を聴いた記憶はあって。「時を刻もう」の歌詞が、いつもとは違ってきこえた。ボロボロ泣いて、連番した子にタオル差し出してもらって(笑)

 

そこからのAirはほんとうに。マンションの上に出てきたみゅうとくんのお顔が、ほんとうに綺麗で。心から楽しいって思ってるお顔で。あぁなんで、って。こんな顔するのにどうして。って思ってしまった。

 

 

美勇人くん、ほんとうにびっくりするほどいつも通りで。あんなに泣き虫だったのに、強くなったなぁって。ほんとうにこの人は、変わったんだなって思った。

 

ミックスもわんちゃんも、ピカイチでかっこよくて、わんちゃんの間奏のピラミッドのところとか、もう何も考えずに叫んだ。

 

TJ callingの最初のちゃかみゅのパート。

みやちかくんが「だいすきみゅうとくん!」なんて言うから、また泣いた。それに「だいすきちゃかちゃん!」って返す美勇人くんが、とびきりかわいくて、もう感情ぐっちゃぐちゃだった。

 

MCだって、いつもみたいに宮近くんに絡んだり、しめちゃんの発言にわらってたり、話回してるときも、自然体で笑ってる時も、1つ1つの発言がすごくすきで、表情がすきだった。

「ひどいんだよみゅうとくん!」っていう宮近くんの言い方と笑顔が、みゅうとくん好きなんだなぁって思ってまた泣いた。

トラジャのみんなの中にいるみゅうとくんは、ほんとうに楽しそうで、素が出てて、たまにちゃんとお兄ちゃんして、先輩して。だって素じゃなかったら「食べ物のことばっか考えてるから太るんだよ」とか言わないでしょ?美勇人くんだもん。

ちなみに1番のパワーワードはうみちゃんの「銀行行ってきた方がいいんじゃない?でもまぁ、もし売り切れにならなくてものえるくんが売り切れにしてくれるから」です。

 

 

どうなってもいい、で宮近くんがステージに残されたとき。センターで踊り出したとき、ハッとした。わたしは美勇人くんがセンターのどうなってもいいしか知らなかったから。やっぱり寂しくて、でもとびきりかっこよくて、目が離せなかった。It's BADもそう。センターじゃなくても、どこにいたってわたしにとっては美勇人くんがセンターだった。

 

一旦全員がマンションの後ろにはけて、1人1部屋に入って出てくるガイズ。熱量が他の曲とは桁違いで、マンションがせり出てくるとき、思わず後ずさった。メンバーも気合の入り方がちがった。オーラスは特に、プレゾンと同じ場所で叫び声をあげたり、とにかく声を出してて。

構成はプレゾンのガイズとほとんど同じだったのに、わたしから見たら別物だった。みんなの気合の入り方と、スキルアップしたダンス。わたしが1番見たかったTravisJapanの形だった。お願い、これが最後なんて嫌だって、心がずっと叫んでた。声が枯れるほど叫んだ。知らない間に泣いてたし、叫んでた。

 

終わったあとは、コールなんかできなくて、うずくまって泣いてた。ごめんね。

 

アンコールで出てきたトラジャはやっぱり可愛くて、美勇人くんに「だーめだお前は俺の女だ」って言われた時は心臓鷲掴みにされた感じがした。TravisJapan!!って叫ばせてくれたトラジャのみんなも、最後に「すき!」って言ってはけていった美勇人くんも、だいすきだと思った。

 

ダブルアンコール。

トラジャコールが鳴り止まなくて、みんな出てきてくれて。何回も何回もありがとうっていってくれて。「俺らがありがとうって言うからみんなどういたしましてって言って!」って言い出すし。ありがとうはこっちの台詞なのにね。「みんな幸せ!?」って宮近くんが聞くから、泣きながら幸せ!って言って叫んで。幸せだよほんとうに、こんな素敵なグループ応援できて、幸せ以外に何があるんだろうって思ってた。

「もう一曲やっちゃう!?」って言って準備した最初のフォーメーション。「これしかないでしょ〜」って口々にみんなが言って、始まった曲がSupernova。曲が始まった瞬間から泣いて、叫んで。ちょうど1年前に、美勇人くんが振り付けした曲を、「俺らといえばこれ!」って選んでくれたの、ほんとうに嬉しかったんだよ。ね、自分が振り付けした曲が、1年後もトラジャを代表する曲になってるなんてね、想像しなかったでしょ、みゅうとくん。

 

最後の挨拶でも、美勇人くんはいつも通りで、のえるくんが涙ぐんでも、ちゃかちゃんが喋れなくなっちゃっても、美勇人くんはいつも通り、「最後のスパノバやっばい!」って言ってた。

うみちゃんが「俺らのこと好きかーー!ほんとに好きかーー!そのままでいてくれーー!」って言ったとき、わからないけど、それが本音なのかなって思って。叶うことならわたしだってそのままでいてほしいよ。ね。

 

 

公演中何回も泣いて、何回も「どうして、なんで、」って思ったけど、最後に残ったのは、「楽しかった」っていう感情だった。

あんなに苦しくて、寂しくて、ボロボロ泣いてたのに、終わる頃にはたのしかった、トラジャやっぱりすごい、ってそう思ってた。

公演が終わって屋上に上がってから間もなくして、グッズが全部売り切れになった。買った人も買わなかった人も、みんな嬉しそうで、トラジャのファンはこんなに素敵な人ばっかりなんだなって、すごく誇らしくなった。

 

 

1日で、涙が枯れるくらい泣いた。自分でも引くくらい泣いて、泣いて。どれだけ泣いても泣き足りなかった。舞台見ても、コンサート見ても、うるっとすることはあっても、思いっきり泣いたのなんか初めてだった。

 

本音を言えば、美勇人くんにトラジャにいてほしいって、そう思った。こんな素敵な顔するのに、どうして離れなきゃいけないのって。

 

卒業式だった。わたしには、あの公演全部が美勇人くんの卒業式だって思えた。美勇人くん肌いつも通りだったけど、トラジャのメンバーの行動や、言動がそれを物語ってた。

 

美勇人くんにとって、最初から最後まで、トラジャはプレゾンだったね。

プレゾンから始まって、プレゾンが終わってからもいろんなお仕事して、そしてまた、トラジャのメンバーがプレゾンを作ってくれて。

「見たことある人もない人もいると思う」って来た人全員を気遣ってくれるトラジャがだいすきだった。

 

 

わたし、トラジャが大好きだなぁって改めて思った。

どっちも100!って言ってる以上、どっちも応援しようって心に決めてたけど、やっぱりトラジャはどこか特別だったみたいで。

トラジャのみんなは優しくて、みんな美勇人くんのことがだいすきなのが伝わってきて。苦しかった。まだ見てたいって心の底から思った。宮近くんが「いつかプレゾンもう一回やる」って言った時、その場に美勇人くんにいてほしいって思った。

 

今もまだ、心のどこかが、ぽっかり穴が開いたみたいにさみしい。

その証拠に、自分の部屋のカレンダーはまだ今年の2月で、9人がキラキラ笑ってるの。

 

単独が終わって、次の日はトラジャ担のお友達とご飯食べに行って、デュアルでプレゾン見るっていう自殺行為して(笑)美勇人くんが合同でもトラジャとして出てるってレポ見たとき、泣き出したわたしのこと受け止めてくれたお友達もいました(笑)ありがとうみんな。

トラジャの現場に行かなくなったとしても、またみんなに会いたいって、そう思いました。

 

 

夏が終わって、秋が始まって。

帝劇の幕が上がった時、やっぱりTravisJapanは6人だった。

EXよりもずっと広いステージでオリジナル曲を踊る姿はとっても綺麗でかっこよくて。でも、心なしかセンターの後ろが空いてるように見えてしまって。絶対そんなことないのに、美勇人くんがいたらあそこだって、思ってしまった。

It's BADは、ずっと苦しくて、押しつぶされそうだった。美勇人くんがいないIt's BADはやっぱり、辛くて寂しかった。ちゃんと見れなくてごめんなさい。

 

 

もうすぐ冬が来る。

わたしの夏止まったままの時間も、そろそろ動かさなくちゃ置いて行かれちゃうって、そんなことわかってる。

でも、ゆっくりじゃだめかなぁ。

わたしはまだ、無意識に美勇人くんの影を追ってる。小さなニュースで泣きたくなって、苦しくなる。

時間が解決してくれるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

 

これから先も、美勇人くんのことを見ていたいって、それだけは心から思う。

だから、ちゃんとついて行くから、後ろ髪引かれるくらい許してください、ね。

 

 

 

日本語って難しいですね。

だってもう、わたし何が言いたいんだって(笑)自分でもわかんないもん(笑)

でも結局、いっつも着地点は同じなんだよなぁ。ね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいすきみゅうとくん

Love-tuneに歌ってほしい関ジャニ∞

 

 

どうもどうもこんにちは!

 

以前トラジャに歌ってほしい関ジャニ∞

 トラジャに歌ってほしいラブソング集〜関ジャニ∞編〜 - ぽんこつ王子とわたしの日常

を書いたんですが、

思ったより楽しかったので、らぶさんでも書いてみようかなって思って書き始めたところ、結構な時間放置してしまいました。すごいよ?この記事去年の12月に書いてんの。放置しすぎましたごめんなさい。

 

まずは安定にソロ編から!

 

安井謙太郎くん

アイライロ安田章大ソロ/アルバム『PUZZLE』通常盤)

安井さんには、とびっきりのラブソングを歌ってほしくて。アップテンポな片思いの曲を。「早く逢って愛し合って愛色でいたい」っていう歌いだしもやばいし、サビ最後に「だから早く僕だけの君になれ」???しんどい。しんどすぎる。そしてこの歌、一人称が「僕」なんです(そこ)!!!安井さんに僕って言わせたくない?わたしだけ??ごめん。それで最後の最後に「でも君のすべて『アイシテル』」っていうやすいくん。ごめんね、正直言って安井さんが片思いしてるイメージはないんだけど(笑)

 

 

真田佑馬くん

Cannonball(がむしゃら行進曲 通常盤)

関ジャニ∞にもあまりない系統の、とびきりかっこいい曲を。ラテン系の曲調がすごく耳について、すっごくかっこいいんです。歌詞は、ひとまずすごーーいヤバい。なんていうか、直接的な表現がないとはいえすごく官能的で。(調べてください)本当はまじでエイトさんくらい大人な人じゃないと歌えない曲だと思うんですけど、さなぴの雰囲気と声ならいけるかな、と思ってみたり。わたしが言えることじゃないけど、中途半端に大人な人は歌えないと思う。やったらびっくり仰天なのでぜひやってほしいです。

 

 

諸星翔希くん

トリックスター横山裕ソロ/アルバム『PUZZLE』 通常盤)

バッキバキ体操第一をモロササイズで、っていうのもあるんですけど(笑)今回はこっちで。アップテンポで明るいんだけど、とってもかっこいい曲。でもちょっとキーが低いかな?高音が綺麗なもろちゃんだけど、これくらい低い曲も歌ってほしいなぁっていう勝手な願望です。曲のいたるところに入ってる効果音とか、ちょっとした音がかっこよくて!間奏踊ってる時ににやって笑ってくれたりしたらもう100点満点!個人的にアウトロのギターの音が大好きなのでそこまで含めてどうかよろしくお願い致します。

 

 

森田美勇人くん

Snow WhiteGIFT〜緑〜

どうも美勇人くんにやらせたい曲はバラード調になってしまうなぁ(笑)サビが「夜空舞う 君が僕の髪を撫でて 肌に触れ優しく笑って」って言う歌詞なんですけど、ここだけでも歌ってほしすぎませんか?何を隠そうこれ、作詞作曲 錦戸亮/安田章大なんですよ。そして、最後の歌詞が「ただ君に会いたくて 空に向け願い放つんだ」!!!ここで空見上げてほしすぎますよね。どうパフォーマンスするかは美勇人くんに任せるから、とりあえずこの歌詞を歌ってほしい。大丈夫です覚悟はできています。これ歌ってくれたらわたしもう悔いはありません。

 

 

萩谷慧悟くん

 クジラとペンギン(ココロ空モヨウ 通常盤)

この曲、本当に綺麗で、声がすごく引き立つので、綺麗で安定感のある声をしてる萩谷くんに。歌詞もなんとなく萩谷くんっぽいかなって。「途方も無い旅の果て僕ら出会ってしまった 結ばれない恋だけど ずっと愛してる」っていう歌詞です。萩谷くんっぽくないですか?わたしだけですか?(調子乗りましたごめんなさい)いやでもね、歌詞もメロディーもね、とにかくやさしくてかわいくてちょっと切なくて、ぜひステージの真ん中で萩谷くんには優しいお顔して歌ってほしい!です!

 

 

阿部顕嵐くん

 no-no-no大倉忠義ソロ/アルバム『PUZZLE』通常盤)

とにかく踊る阿部顕嵐が見たい!それと大人の仲間入りをした顕嵐さんの色気を最大限に出していただきたい。女性に「もう会えない」って言われるっていう歌なんですけど、「キスを避けるキミの仕草」って阿部顕嵐さんに言われたらやばくないですか?1番やってほしいのは間奏の吐息です。ここでシャツはだけさせようもんならもうね、全員阿部顕嵐に抱かれますよね(さっせん)それで、何回も言うけどこれは踊ってほしいんですよ、絶対らぶ担だけじゃなく他のファンの方もざわつく案件だと思うんですけどいかがでしょう。

 

 

長妻怜央くん 

モノグラム(アルバム『8UPPERS』)

長妻くんには明るくてかわいい曲。切ない系も考えたけど今回は明るいの!「夢見るジェットでほうき星に乗れ」って超可愛くないですか?それだけじゃなくて、「何にも言わずに僕を見上げては 1ミリも視線逸らさない」って長妻くんが歌ってたらかわいすぎませんか?サビの歌詞もかわいくてしょうがないんです(キリないから調べてください)にっこにこの長妻くんが歌ってたらかわいいに決まってる!と思うんです!

 

 

 

っと、ソロはこんな感じなんですが、最近らぶさんたくさんエイトさんの曲やってくれてるし、これからもたくさん発掘してくれるかなぁと思うので、いつかやってくれないかな!

らぶさんにもとらじゃさんにもやってほしいエイトの曲、ありすぎるのできっとまた書きます、絶対書きます、書きたい!がんばれわたし!

 

そしてがんばれらぶさん!ぜっぷ最終日!

 

f:id:Tama-e8:20171020005422j:image

夏のはなし

 

 

 

 

書きたいこと、忘れたくないことがたくさんあったのに、いざ書きはじめたら全然まとまらなくなったので、だらだら書くのはやめました。

 

この夏のことは、忘れたくなくて、心の何処かにしまっておきたい。

実を言うと始まってほしくなくて、ほんとうに大切で、ずっと見ていたかった、終わってほしくなかった、永遠に続いてほしかった夏だった。

恋しくなって、寂しくなって、思い出して泣いちゃうこともあると思う。

あれ、わたし、弱いから。

 

どっちもすき、って言ってたけど、心の何処かでやっぱりトラジャとトラジャのメンバーは特別で。

 

 

願うことなら、彼らの中で笑っててほしいし、彼らのセンターで踊ってる姿を、もう1回でいいから見たい。みんなにも見てほしい。

あのグループの中で踊ってるとき、ほんとうにキラキラしてて、楽しそうで、心の底から踊るのがすき!っていう顔してるの。

 

 

 

わたしは、これできっぱり考えるのはやめる!っていうのは無理です。

 これからも度々、うじうじ話するかもしれない。でも、それは見えないところで。

 

 

このままじゃ、置いていかれちゃう。

前に進んでるから、彼は。

 

わたしは他の誰でもない、森田美勇人がすきです。

 

今はとにかく、あの背中を追っていたいから。

 

最後の1人になっても、って、メンバーカラーは白です、って言ったみゅうとくんがだいすきだ。

 

黄色と白、どっちか片方になったとしても、それでもずっとすきです。

 

でもたまに、この夏のことを振り返ることくらい、許してください。

 

 

 ああまた、言いたいことの半分も言えてない。

日本語ってむずかしいなぁ。

 

でも、無理に整理しなくてもいいかなぁともおもう。

 

 

 

この夏のことを、きちんと言うのはこれで最後にする。

ひとりごとでつぶやくことがあっても、みんな見なかったふりをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こころのどこかで、「なにいってるの」って笑ってくれないかなっておもってるよ

 

ケムリ

 

 

こんにちはお久しぶりです!

突然ですがみなさん、関ジャニ∞の「ケムリ」っていう曲知ってますか?

なかなかマイナーなのであまり知られてないかな?と思います。

 

ですが!

わたしはこの曲をぜひジャニーズJr.のみなさんにやってもらいたくてですね!

 

紹介しちゃおうというノリで書き始めました。はい。

最近?のわたしのツイートを見てみましょう。

 

だそうです。はいすいません。

 

 前置きが長くなりました。

それではまず、簡単な楽曲紹介から。

曲名:ケムリ

歌手:関ジャニ∞

作詞:白井裕紀さん
作曲:宮﨑歩さん

収録:無責任ヒーロー初回盤A

 

 まずはこの方、作詞者の白井裕紀さん。

おや?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうですこの方、ジャニーズに多くの楽曲提供をしてくださっています。

何曲か上げてみると、

「夜の海」「HELL,NO」「Now and forever」「PINKY」「Explosion」「夢色クロニクル」などなど…

Jr.担のみなさん、だいぶお世話になっております。

上げたのはほんの一部ですが、ご覧の通りやばいかっこいい曲ばっかりです。

やばい。

 

 続いて作曲者、宮崎歩さん

 言わなくても知ってるよって?ごめんなさいでも言わせて。

「ハダシの未来」「ノーマター・マター」「Peak」「欲望のレイン」「Naked」「3.1415926535」「Dial up」「コ・ワ・レ・ソ・ウ」「Love or Guilty」「BIG GAME」

などなど楽曲提供がほんとうにたくさん…

(とくに関西担は)

大変お世話になっております(大号泣)

 

こんなお2人に作っていただいた曲です。

かっこよくないわけがないんです!!!!

 

だからどうしてやらないの!!!!!!

 

すいません取り乱しました。

お待たせしました、続いては歌詞です。

 

諦めるたび 訪れるChance
しがみついては 繰り返すNightmare

募る 苛立ちは闇に 紛れ込み重なるComplaint

後少しの歯痒さに 奥歯噛みしめ続ける 夢見る日々

 

Get me out of here このまま終われない
もう 目の前にはGoal Vexation
Get me out of here 今更止まれない
でも 分かってるって、きっと… そんなもんさ

胸つかえてるなら 飲み込んで覚悟しな

 

叫びたいほど 疼くIrritation

いつか 目の前の壁を 全てブチ壊してLiberty

迷い道に踏み込んで もどかしさと戸惑いが 渦巻く日々

 

Get me out of here 何度も試したい
今 手を伸ばしてTry Vexation
Get me out of here 何にも変わらない
ほら ミスって泣いて、ずっと そんなもんさ
胸つかえてるなら 飲み込んで覚悟しな

 

どうすればいい?

 

Get me out of here このまま終われない
もう 目の前にはGoal Vexation
Get me out of here 今更止まれない
でも 分かってるって、きっと… そんなもんさ

 

Get me out of here 何度も試したい
今 手を伸ばしてTry Vexation
Get me out of here 何にも変わらない
ほら ミスって泣いて、ずっと そんなもんさ
胸つかえてるなら 飲み込んで覚悟しな

 

かっこよすぎではないですか???

 聴いてみればなおさらわかるけど、かっこよすぎるんですこの曲。

ラップ調のところもあればすばるさんが伸びやかに歌うところもあり、何より曲全体に勢いがある。

 

この曲をジャニーズJr.に歌わせてみてください。

「諦めるたび 訪れるchance」

「後少しの歯痒さに 奥歯噛みしめ続ける 夢見る日々」

「胸つかえてるなら 飲み込んで覚悟しな」

などなど、歌わせたらしんどい言葉のオンパレードなんです。

「どうすればいい?」ってもがく姿も「このまま終われない」って力強い目をして歌う姿も

ジュニア担のみなさま大好物でしょう?

え、わたしだけかな。

 

さらに、本家では錦戸亮さんが歌っている「どうすればいい?」の部分。

とにかくかっこいいんです、これが。

そのまま落ちサビに入るから注目度ナンバーワンの部分だし、とにかく目立てるんです。黄色い悲鳴があがること間違いなし。

 

と、ここまでつらつらと書いてきましたが要はジャニーズJr.のみなさんにケムリをやってほしいというだけのことです。

あ、結構激しめなダンス曲(だと思ってる)ので難しい振り付けがいいな。

さらにいうと衣装は黒とかの暗めの色がいいなぁ。金とか赤とかのイメージではないです。(わたしは)

 

ジャニーズJr.のみなさま、どうかご検討のほどよろしくお願いいたします。

6月12日

 

こんばんは。6月12日になりました。

わたしのおうちの周りでは少しだけ雨が降っています。そんな夜。

 

森田美勇人くん入所12周年の今日です。

 

わたしがみゅうとくんを応援したいと思ったのは、12年という長い年月を考えればまだまだ最近のことです。

でも、それでも、みゅうとくんのおかげでわたしはいつも、とっても幸せでした。

 

12年前、お母さんに新しい野球チームができたからと、騙されて行ったオーディション会場に足を踏み入れたときから、今の今まで、アイドルでいてくれて本当にありがとう。

 

前にお友達のお友達が言っていました。

森田美勇人は存在がファンサだって。

確かにそうです。

わたしね、みゅうとくんがステージでキラキラしてくれてるだけでとっても幸せです。

 

ダンスも歌も、演技も、ファッションも何より人柄も、全部全部、だいすきです。

 

これからもみゅうとくんなら、私たちのことを幸せにしてくれるんだろうなって思います。

 

光栄なことに、今でもたくさんお仕事をもらっているけれど、

これからもっともっと、みゅうとくんのやりたいことが思いっきりできますように。

いつか自分のブランドも持てたらいいね。

何より、みゅうとくんが大きくなっていくところを、近くでみていられますように。

 

13年目のさらなるご活躍を心より楽しみにしております。

 

 

f:id:Tama-e8:20170611233944j:image

 

Travis大学受験Japan(兄組)〜理系の巻〜

みなさんどうもこんにちは!

某りんごのアイコンのゆうきちゃんと、

トラジャが受験勉強をしたら

的な話が思いの外盛り上がってしまったのでブログにしようと思い立ってのことです🍎

 

普段違うアカウントの方で書いてるブログを読んでる方ならわかると思うんですけど、わたしとてつもなく日本語が不自由です。

え?スルーしてください。

 

なお、自分もゆうきちゃんも理系なので理系のことしかわかりません。必然的にTravisJapan全員理系です。どう考えても文系だろ?すいません許してください。文系わかんないっすよ、、、

 

ではさっそく行ってみましょう!はい!

 

◯仲田拡輝くん

国立の材料工学系志望。理科の選択は物理と化学。

理系なのに日本史選択な変わり者。しかも

割と日本史が得点源になっています。理系科目が特別できるわけじゃないけど、そんなに悪いわけじゃない。化学の方がちょっとだけ得意。だがしかし国語ができない。小説に無駄に感情移入してしまって得点が伸びず、漢文がなければ致命的。また、化学の先生と仲良しで、質問しに行くとなかなか帰ってこない。職員室では、何やら爆笑しながら話す拡輝くんと先生の姿が度々目撃されます。センター試験形式の模試よりも記述式の模試の方が得意で、塾には通わずに放課後は学校で勉強しています。ノートの取り方が雑で、自分でもわからなくなって如恵留くんに借りることもしばしば。また、第一志望の学校は1年生の時からまったくブレておらず、浪人してでもそこに入りたいと言い張る真っ直ぐな人。

 

◯川島如恵留くん

国立の建築・空間デザイン系志望。理科は物理と化学。

学年1の秀才である如恵留くんは、塾には通わずに自分でちゃんと勉強ができるタイプ。週に1回お家に家庭教師が来るらしい。志望校もすごくレベルの高いところで、それなりに特別な対策をしなきゃなんだけど、学校ではみんなと同じレベルのお勉強しかしない。でも、お家に帰ったらひたすら赤本を解いてるらしい。建築だから製図もあるわけで、それは建築家のお父様に教えてもらっていると専らの噂である。ちなみにお父様は業界ではかなり有名なご様子。別に親に言われたわけではなく、自ら父親の背中を追っているのです。また、朝早くから学校に来ていて、昼休みと放課後は毎日図書室の1番後ろの窓際の席に座ってる。物理が得意で、特に力学が好き。人に教えるのもピカイチ上手で、わからない箇所を言えば「教える側も勉強になるから大丈夫」と優しく微笑まれます。ロイヤル。実は先生より説明が上手い、かも。

 

◯七五三掛龍也くん

私立大学 応用化学系志望。理科は化学のみ。

私立単願の七五三掛くんは、早くから3教科に絞ってお勉強を始めます。国語と社会の授業中は、ぽけーっと外を眺めているか、寝てるか、内職してるか。別に受験に使わないから先生からも何も言われないし本人も全く気にしてないみたい。化学が得意で、とくに有機化学が好き。高分子系の学科に行きたいと思ってるみたいです。そして、ベンゼン環を描くのが(異様に)うまい。(実は習いたての頃は綺麗に書けなくてノートの端っこにすごい練習してたらしい)化学の実験では人一倍張り切って準備するけど考察は適当。でも七五三掛くんがいるとほとんど成功する。やるのは好きだけど結果まとめるのは嫌い、みたいな。そして、信じられないくらい白衣が似合う。すごい似合う。自分の得意不得意がよく分かっているので、数学の2次試験でも取捨選択がすぐにできる。そして解ける問題は完璧に解いてくる。確実に合格をもぎ取ってくるのが七五三掛くんです。

 

◯森田美勇人くん

私立大学 デザイン工学系志望。理科は物理のみ。

 生物の教科書が無理すぎて生物を捨てた男。必修の生物基礎の教科書は、カエルとか、ちょっと気持ち悪いのとか、ぜんぶ紙貼って見えないようにしてる。そのせいか異様に生物基礎の教科書が厚い。昔くもんに通ってたのもあり、計算が得意で、数学がすき。綺麗な手がシャーペンを持ってガリガリ計算する横顔はすごく美しい。(と彼の隣の女の子が言っていました。)あと、計算用紙の使い方がうまくて無駄がない。波動とか磁気の図とか、3次元の図形とか、他の人がびっくりするくらい綺麗に書く。如恵留くんと同じく、テスト前にノート借りられる勢。また、部活(バスケ部)ガチ勢(エース)でもあり、1年生の時からコツコツ塾に通っている。放課後は、塾の自習室に夜遅くまでこもって勉強しています。いつも自習室に最後に残る2人になってお疲れ様って言い合える仲になりたかったーーー!わたしの車のお迎えが来るまで(美勇人くんチャリなのに)待っててほしかったーーー!自分の志望校と同じところの赤本持ってるの見かけてドキドキしたかっ(強制終了)

 

 

とりあえず兄組に受験勉強をさせてみました。

弟組はまた後ほど!

(あくまでも一個人の意見です)